ゼルダの伝説ムジュラの仮面

ジャンルはアクションアドベンチャー。ゼルダの伝説時のオカリナの続編であり、対応機種はNINTENDO64で販売されました。その後3DSでリメイクされたものが発売されました。ストーリーは時のオカリナでの冒険の後に旅に出た主人公リンクがトラブルに巻き込まれ、そこで後三日で滅ぶ世界タルミナに迷い込むというもの。時を操り、三日間を繰り返しタルミナを滅びから救う事が目的となります。シリーズの中では番外編的な位置にあります。ゼルダシリーズの中で一番好きなタイトルです。不気味な雰囲気やキーアイテムである数々のお面のデザインの良さに、豊富なイベントの面白さに夢中になって何度も何度もプレイをしていました。独自のセーブシステムもこのゲームの特徴であり魅力の一つだと、今でも思っています。

本作には特徴的なシステムとして、ゲーム内時間で三日という時間制限が設定されており、この時間までにアイテムを使って初日に戻らなければゲームオーバーになります。この三日の初日に戻るときにしか、本作はセーブができません。自由にセーブができないうえに時間制限付きというのが、本作の難易度を上げています。ダンジョン数は四つとシリーズの中では少ない方ですが、どれも完成度と難易度は高いです。特に水関連のダンジョンの難易度が極悪なのは相変わらずです。ダンジョンに辿り着くまでのイベントも手が込んでいます。遊んだ当初、ダンジョンよりもこのイベントの数々に苦戦をしいられました。特に潜入ミッション系のイベントには手を焼きました。

本作はサブイベントが充実しています。むしろムジュラのメインはこっちといってもいいかもしれません。登場人物達の悩みや事件を解決するもので、中には三日をフルに使ってクリアするものも存在します。ムジュラが好きな理由に、このサブイベントの豊富さや登場人物の良さを上げる方は多いのではないのでしょうか。それだけ魅力的なものでした。

古いゲームですが現在バーチャルコンソールで購入できるのに加え、上記の通り3DS版も発売されました。3DS版はNINTENDO64版よりもシステムがとっつきやすくなってます。セーブポイントが設置され、初日に戻る事無くセーブができるようになりました。個人的にこの変更は少し残念でした。サブイベントの管理も楽になった印象です。目立った変更として各ダンジョンのボスの撃破方法も変更になりました。特にあるのボス撃破方法がガラッと変わっており、暫らくダンジョンを彷徨ってしまいました。NINTENDO64版で遊んだ事がある方でも攻略法を考えながらプレイできます。