色々と考えさせらたズートピア

一時期若い子たちがツムツムをやりながらよく連呼していたこの映画。何だか大人が見ても楽しめるとの評判でしたが確かにそうだったと私も思います。

物語は可愛い動物たちが舞台で演劇をしているところから始まり、大昔動物たちには肉食獣と草食獣たちに別れて毎日サバイバルをしていたが今はどんな動物たちも自分の好きなもの(職業)になれるんだ!といったお芝居をしています。

しかし現実には動物の特性に当然のごとく違いがあり、草食系にはそれにあった生き方、肉食系にはそれといったように見えない壁が存在し、その中でも狐は人(というか動物たち)を騙し、悪い動物として生きています。

将来警官になりたいうさぎはそんな狐が恐喝をしているところを目撃し、自分の夢を語り、脅されている動物たちを助けますがその代わりに当然のごとくボコボコにされてしまいます。

それでも意志の強い主人公は周囲の反対を押し切って誰もがなりたい自分になれる「ズートピア」へと旅立って行きます。それは人間社会におけるただの大都会に過ぎないのですが、そこで主人公は自分がうさぎであるがゆえに周囲の肉食系の警官たちから全く相手にされず、仕事も交通違反の切符切りしかさせてもらえませんでした。

そんなときに主人公は詐欺師のニック(狐)と出会い、そこから物語が展開していくのですがこれがなかなかおもしろいのです。

人は誰でも先入観を持っているし、完璧ではありません。ようはそこに気が付けるかそうでないかで幸せになるれるのではないかと私は思います。

この主人公のうさぎは自分がなりたいと思っていたものになったことによって、何の罪もない人たちを傷つけてしまったことに気がつき、一度は潔くズートピアを自らさって行きます。

そうした人生における選択というものは誰かが教えてくれるものではありませんが、この主人公はそうした内なる声に耳を傾け行動に起こしたことによって、結果的にはズートピアを救うことに成功しました。

こういう夢のあるアニメを小さな子供達が観るのは大切なことだと私は思いました。