ガールズトーク的だった海街ダイアリー

公開された当時話題になっていたこともあり気になっていた映画だったので鑑賞してみると、海街が湘南というか鎌倉周辺のことでちょっと意外でした。

私自身住んでいるところが隣の藤沢なので、あれーこれどこだろうとか、3女が働いているスポーツ店ってあそこじゃん!?などと一人興奮しながら見ていました。

話の内容は小さい頃に家を出て行ってしまった父親が東北の温泉街で旅館を営んでいたものの亡くなってしまい、その父が出て行った直後に付き合っていた女性との間でうまれた腹違いの妹(広瀬すず)が、その父親が最後に付き合っていた女性(3人目の奥さん?)のところで暮らしていくのが何となく不憫に思えた長女(綾瀬はるか)や次女と三女(長澤まさみと夏帆)たちは自分たちが暮らす鎌倉の古民家のような家に来て一緒に暮らさないかと誘います。

その後、大叔母(樹木希林)や何となく死んでしまったかのように物語に出てこなかったお母さん(大竹しのぶ)といったキャラの濃い登場人物たちも登場しますがこれといって大きな展開もなく地味に終わっていくといった感じの映画でした。

印象に残っているのは彼女たちが何かを食べながらくっちゃべっているシーンと、今や人気ものの坂口健太郎くんが端役で出ていることぐらいでした。確かに広瀬すずの心情になってみるとその複雑な生い立ちから同情したくもなりますが、なんか設定に違和感を感じずには入れない部分もありました。登場人物たちが地味な設定のわりに浮世離れしているっていったら映画を楽しめなくなってしまいますが。

なので見所というか、やっぱりそうしたところに樹木希林や大竹しのぶのようなアクの強い女優さんたちが登場してくることによって話にリアリティーが生まれてくるような気がしました。現実にはこういう風にさらっと人の本質を突くように嫌味!?をいう人が居るし、たまに必要だったりするように思えるからです。

とはいえ、波乱万丈ジェットコースターに乗っているような感覚を味わう映画では全くないのでリラックスしたいときに観るにはいいかもしれません。