日本は何を失ってきたのか~『ラストサムライ』を観て

2003年のアメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様が描かれています。
トム・クルーズ主演。映画館で観て、そしてDVDを買いました。
何度でも、繰り返し観ていたかったので。ただやはり映画館のスクリーンにはかなわず、またいつか大画面で観たいと願っている作品でもあります。物語のモデルは明治新政府に対して蜂起した西郷隆盛と言われています。
映画としては、外国人から見た『日本』でありますが、よく日本と中国がごっちゃになっているような、日本人から見ると不快な苦笑いしかないような映画とは違い、侍の氏尾役で出演していた真田広之が『演出面で日本人から見ておかしく感じる部分が無いかといった微細な部分に関して、ほとんどの撮影現場に立会って意見を述べ、結果的にスーパーバイザー的役割もこなし』ていたとのこともあり、だいたいにおいて安心して見ていられます。
そして戦闘シーンの見せ方は『さすがハリウッド』と唸るしかありません。

白人植民地世界体制の中、自主独立のため日本は急速かつ急激な近代化・西洋化を迫られました。
その時生じた矛盾・軋轢は150年近くたった今日でも無意識化で日本人を苦しめていると感じています。
それまでの、千年以上かけて築き上げてきた日本的秩序、日本的価値観、そういったものを自ら捨て去らなければならなかった当時の日本人の気持ちはどんなだったでしょう。
鹿鳴館で、それまで着物を着ていた日本人が西洋ドレスを着てダンスまでやってみせたのです。
西洋かぶれが多々出た一方、それを苦々しく思っていた日本人も少なくなかったはずです。

私たち観る者は最初から、勝元ら日本刀を誇りとした武士たちが近代兵器の前に敗れた歴史を知っています。
どんなに勝ちそうにみえても最後は負けることを知っています。
そしてこの映画の中で描かれている美しいもの、それは目に見えないものも含みますが、その多くは既に失われてしまっていることも知っています。だから『滅びの美学』とでも申しましょうか。
これを外国人は『サムライ・ブシドー・クール・エキゾチック』と楽しんで観ているのかもしれませんが、日本人である私には、見ていて心が痛い。心臓が締め付けられて痛いのです。
西郷隆盛の言うところの『野蛮な国、西洋』に破壊されていくのが悔しくてしょうがない。

そして、この監督(脚本共同執筆)は、アイヴァン・モリスの『高貴なる敗北 日本史の悲劇の英雄たち』の<第9章.西郷隆盛伝>に影響を受けたそうですが、この哀しい美しさを、日本人でなく『彼ら』が理解し映像にしてくれたということは、これまた嬉しくもあり哀しくもありといったところです。